Mシュナウザー よつばの日記

ぼく(犬)と節約家ママと自由人パパで行くおでかけ(クルマ旅&車中泊)の様子や何気ない日常を綴ってます(*^-^*)

おまわりさんがいっぱい来ました…


f:id:yotuba2014:20201014215245j:image

《おまわりさんがいっぱい来ました…》

これは10月14日の夜の出来事

いつものようにパパのお迎えに向かっている時の事…

 

ママは伸縮リードを使っています。

家の近くの農道で人がいない時は

ロックを解除して好きに歩かせてくれます。

人通りが多い場所では

ママのちょっと前を歩ける位(約1m)でロックをします。

車や他のわんことすれ違う時は

ハーネスから50センチの場所を持ちます。

 

人通りが多めの場所にきたので

1m位でリードをロックして

 

帰宅の人達は 『 ↓ 』 方向に

ぼくたちは  『 ↑ 』 方向に 歩いていました。

 

 

 

下のイラストの場所に来た時

門の向こうのわんこ(蛍光オレンジ色)が吠えました!


f:id:yotuba2014:20201014215341j:image

「わんわん!」ぼく(蛍光ミドリ色)も吠えて応戦!

吠えながらパッと左に飛び出しました。

 

その瞬間

向こうから歩いてきた女の人が

「うわっ!!

びっくりした!!!」

自分の数歩手前に

飛び出して来たぼくにびっくりしました。

 

ママは慌てて

「ごめんなさい!」と

ぼくを引っ込めました。

 

女の人「びっくりした!びっくりした!!」

ママ 「ごめんなさい!」

女の人「何してくれんのよ!」

ママ 「ごめんなさい!」

 

とやり取りをしながら

すれ違いました。

 

女の人はブツブツ何かを言っていたようですが

そのまま去って行きました。

 

ぼく達も駅に向かって歩きました。

 

パパに会いました。

 

パパにさっきの話をしながら

来た道を戻ります。

 

歩いていたら前方から

大きな声で電話をしながら向かってくる人がいます。

 

その人がすごい剣幕でママに言いました。

「あなた!!

さっき私とぶつかりそうになった犬!

その犬よね!!」

 

さっきの女の人でした。

女の人「今 警察と電話で話しているから

     あなた話をしてちょうだい」

と自分のスマホをママに渡してきたので

ママが電話に出てみると

‘’犬が飛び出してきて腰を痛めたという相談をされている‘’

‘’でもこういうケースは当事者同士の話合いで解決してほしい‘’

と警察の方が説明してくれました。

と言われても…

女の人は激昂して大声で怒鳴っていて

話し合いになりそうもありません。

 

ママがどうしたら良いか困っていたら

電話の向こうで警察の方が

「相手の方がその調子ですと話し合いは難しそうですかね。

それでしたらその電話は相手の方にお返しして

ご自分の電話で110番してください。

警官が現場に向かいますから」と教えてくれました。

 

ママが110番している最中に

その女の人は

「謝らないなんておかしい!」

「伸びるリードなんて使うな!」

「犬を飼う資格がない!」

と 怒鳴りながら

その場を立ち去ろうとしました。

 

パパが

「警察に連絡していますから待ってください」

って言ったけど歩くのを止めません。

後ろ姿に向かって

「お名前と連絡先を教えてください」

と言いましたがそのままいなくなってしまいました。

 

ママは110番

自分が加害者であること

被害者の女性が怒っていて話し合いが難しそうな事

その女性が立ち去ってしまった事を説明しました。

 

警察官が来て

状況説明&現場検証をしました。

 

ママ 「この後どうしたら良いのでしょう?」

警察官「最初に電話を受けた警察官に確認しましたが相手の女性は警察にも名前と連絡先を伝えていないですし、やることはありません。

条例で【その動物が人の生命又は身体に害を加えたときは、直ちに、被害者を救護し、及びその動物による人の生命又は身体に対する新たな侵害を防止するために必要な措置を講ずること。】とあるので今後は気を付けてください。

と言っても、

相手の方と接触もしていませんし、

転倒もしてませんしね。

気を付けてくださいという位です。

お伺いした事は報告書にまとめて資料として残しておきますので

何かあったら連絡下さい。

 

中立の立場として申し上げますが

世の中には‘’当たり屋‘’もいます。

治療費の話はされてませんよね?」

ママ 「されていません」

 

その話をしている間にも

警察官が何人も現れます。

 

ママが気が付いただけでも

メインで担当してくれた2人(バイクで登場)

説明している時に2人(バイクで登場)

現場検証の時に2人(パトカーではない車から私服刑事さん登場)

最後の話をしている時に4人(パトカーから登場)

 

相手の女性の剣幕がすごかったので

とっくみあいのケンカにでもなってると思ったんでしょうか?

大事件のようです。。。 

 

悪いのは飛び出したぼくです。

 

 


f:id:yotuba2014:20201014215508j:image

ぼくが悪いんです… 

ぼくが悪いんです。。。

家についてもしょんぼり

 

 

※もっと悪いのはそれを察知して

リードを50cmの超短で持っておかなかったママです。

ぼくがのんきにテクテク歩いているからって

安心して油断していたママが一番悪いんです。

 

 

★★★追記(ママより)★★★

記事は思ったことや感じた事を抜きにして

思いつく限り事実だけを記載したつもりです。

 

指摘されたので誤解のないよう

相手の女性が言っていた内容について

以下を追記させて頂きます。

 

「謝らないなんておかしい!」について

びっくりさせてしまった時、すぐに何度も謝っています。

声が小さく聞こえなかったという事は考えられない声量で

確実に記憶にあるだけでも3度は「ごめんなさい!!」

と即座に謝罪しております。

再び会った時は相手の女性から一方的にまくしたてられており

剣幕に飲まれ「え?はい」以外は言えませんでした。。。

 

「伸びるリードなんて使うな!」について

使用していたリードは確かに伸縮リードでしたが

約80センチ(後で測りなおしてみました)の所でロックされており

伸びる状態にはなっておりませんでした。

私の前を歩いていたよつばが

左側に移動したので

相手の女性はリードが伸びたと感じたのかもしれません…

 

「犬を飼う資格がない!」について

これについては何とも言い難いと言いますか

コメントしずらいです。

ご迷惑をかけてしまったのは事実なので

申し訳ない気持ちはありますが

よつばはウチの大事な家族なので

家族と一緒にいる事を許して頂きたいという思いです。